日本の女性

About Women of Japan

私が初めて日本を訪れたのは1996年のことであった。当時日本国立博物館、革新的ななフェメィニスト写真展、「性:記憶を超えて」にて私の「太った女性」をモチーフとした写真集から12点が展示された。その当時様々な人にあうことにより、私は日本人が均質社会であるということに疑問をもつようになった。
時がたつにつれ、私の最初の観測が後にこのプロジェクトへとつながることになった。私は7年の間に何度も日本を尋ね、フェミニストの活動家とともに仕事をすすめた。


これらの画像は、アメリカと日本で通常美しくかつ存在感のある、階層、大きさ、体力、履歴がそれぞれ違う女性の美しさと強さを写し出している。
このシリーズには純日本的な女性に加えて、部落、韓国系日本人、沖縄人、アイヌ人、そのほか、一般的には「非日本人」として見られる女性たちが数多く収まっている。
 
The first time I traveled to Japan was in 1996, when 12 of my photographs from Women En Large were included in the groundbreaking feminist exhibit, Gender: Beyond Memory, at the Tokyo National Museum of Photography. Because I met a clearly varied group of people, I quickly began doubting the dominant paradigm of Japanese “homogeneity.” Over time, these first observations evolved into this project. I made the work while visiting Japan over a seven-year period, in collaboration with feminists and activists.
 
The images show the beauty and power of women of different classes, sizes, physical abilities and backgrounds, extending both Japanese and US standards of who is beautiful and who matters. The series includes photographs of women who are traditionally Japanese, Buraku, Korean residents, Okinawans, Ainu and other women who live in Japan but might be stereotypically described as "not Japanese."
Read more about Women of Japan, including essays, and pieces written by the models.

Copyright © 1994-2015 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.