日本の女性 1

Women of Japan 1

エディソンが、モデルの言葉を作品の一部として写真と一緒に展示するのは、なによりモデルが性別や民族に本来的と考えられているいかなる「型」や「規範」 にも一般化されえないかたちで、社会のなかで個別特定性を生きる主体であることへの敬意からである。ひとりのモデルの写真を撮り、そのなかから1枚ないし は数枚を選択するのはエディソンだから、これはエディソンの作品である。しかしモデルもまた、カメラの前に立つことを決め、自分の写る写真について固有の 言葉で語ることで、作品の作り手となっているのだ。写真家とモデルが、行為者と対象物の関係でなく、作品への参加のし方は違うが、ともに表現者であるとい うのが、Women of Japan ならではのユニークな輝きである。

--萩原弘子

"Women of Japan is Edison’s work. It is she who took photographs and selected one or two shots to print and exhibit. But it is the models each decided to pose for the photographer. They too created Women of Japan by speaking their own words about photographs they are in. The photographer and the models are not simply creator and objects. But both are, though in different ways, participants in the creation of the work. This explains the unique glow emitted from Laurie Toby Edison’s Women of Japan.
--Hagiwara Hiroko
Professor, Osaka Prefecture University
translated by the author

Copyright © 1994-2015 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.