ババ
Baba

「からだのイメージ」

ココロと、からだ。長いこと(そしていまも)、「女のからだ」を持つことに違和感というか、居心地のわるさを感じてきた。それは、ココロのイメー ジする自分と、現実のからだを持つ自分の姿が乖離しているからだと思う。しかしそれも、慣れや諦めもあるが、なによりも「からだは作っていける」と気づい たことでよくなった。「からだを作る」。自分のイメージするからだになる。

わたしは痩せていることが好きだ。丸みをおびて柔らかなイメージのからだより も、骨っぽく無機質なイメージのからだを手に入れたいのだ。 なぜなら ばそれ が、ココロのイメージする「わたし」の姿なのだから。

Mind and body.

For a long time, and still now, I have been feeling a sense of inconsistency or discomfort in the fact that I have a “woman’s body.” I think that is because my mind’s image of myself and the actual shape of my body are separated. I might have gotten used to, or become reconciled to my body, but before either of those things happened, I realized that “you can make your own body”. Make a body: to change your body that you imagine. When I realized this, my discomfort got better.

I like being skinny. Because I like to have a bony and inorganic image, instead of having a round and soft image. Because, that is the image of  "me" through my mind. 

translation by Motomi Rudoff
and Kyoko Robinson


Copyright © 1994-2016 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.