ちびっこ






 
Chibikko

中学生の時、お笑い芸人になりたいと思っていました。

けれどその頃、テレビを見ていると男性が全裸になったら皆は笑う、

女性は乳が見えただけでも何故か皆は微妙な雰囲気になって誰も笑わない、ということに気がつきました。

「おんなは不自由で、損だ」と思いました。

「生まれ変わったら男になりたい」と思っていました。

それから時は経ち、いろんな人に会い、いろんなことを考えました。

そして、そんな「生まれ変わる」だなんて、

あるのかないのかわからないようなことを言っている暇があるのなら、好きなことをしよう、

好きなようにしよう、と思うようになりました。

今、ここで、やれるだけのことをやったらいいやん、と思うようになりました。

確かにいろんなことを言う人は居ますが、

自分が良い状態で居られることのほうが、今のぼくには重要です。

When I was in junior high school, I thought of becoming a comedian.

Around that time, though, I was watching TV and I noticed that people laugh at a naked man, but, for some reason, people seem to detect a subtle atmosphere, and they don’t laugh at just a woman’s breasts.

I realized, “It is inconvenient and a loss to be a woman.”

And I said to myself, “I want to be born as a man in my next transmigration.”

Time has passed since then, and I have met many people and thought about many things.

I started to think about “transmigration.” Who knows if it exists, so instead, I can do whatever I want to do now, whatever, let it be.

I began to believe that here I am now, so do whatever I can.

People complain about many things, of course, but it is more important for me to be in a good frame of mind.


Copyright © 1994-2016 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.