立花眞奈美
TACHIBANA Manami


私の生まれた家は約四百年ほど続く商家で、商人になる前は織田家に仕えた武士の家柄です。三重県の本家には今でも鎧兜が蔵に残っています。

小さい頃から老舗の長女として育てられ、ものごころ着く前から住み込みの使用人がまわりにいるのがふつうで、5歳で日本舞踊の、6歳でピアノのお稽古をはじめました。

ものを欲しがることは「いい家の娘のすることではない」と禁止され、ただ与えられるものをなんの疑問もなく受け取るような生活をしていました。

古い商人の家では娘がお稽古ごとにかようのはごくあたり前のことで、うちの娘はこんなにたくさんのお稽古ごとをしている、とその数を数えるのです。

私は日本舞踊、ピアノ、茶道、華道、料理、フランス刺繍、洋裁、編み物、乗馬とかよい、そのうち日本舞踊では吾妻菊奈(あづまきくな)という芸名を、華道では眞萌(しんほう)という雅号を持っています。でもプロになるわけではありません。

少しでも上の階級に嫁ぐための道具です。

お稽古に通うバスの中で時間を潰すために本を読み始めました。いつの頃からかその本の中にSFやファンタジーが増えてきていました。後日、巽孝之氏に「それは現実逃避だ」と喝破されましたが、なにか異質な自分を感じていたことは否めません。

私の周りに似たような環境の子どもは少なく、学校の中でもなにか友人と違うと感じていました。そのために今いる世界と違う世界のことを読み始めたのだろう、とそれは現実逃避だと巽氏にいわれたのです。

でも、SFをマンガを読みアニメを見るということは私の一族の中でも変わり者でした。本を読むことはいい、でもSFやマンガはちょっと違う、それは男の子のすることで、女の子のすることではないといわれたのです。

自分はどこにいても変わった子だったのです。

十代でファンダムに入り、やっと自分の居場所を見つけられても、そのことは家族にはあまり受け入れられませんでした。

タニス・リーの「銀色の恋人」Slver Metal Loverは私にとって特別な作品です。それまで母親のいうなりの着せ替え人形だった主人公のジェーンはシルヴァーと出会い、本来の自分を取り戻していっ たのですが、今、結婚して家から離れて私も徐々に本来の自分を取り戻しているのです。


My family’s mercantile history dates back about four hundred years. Before becoming merchants, my family was of Bushi (samurai) descent, serving the house of Nobunga Oda, the lord who unified the feudal lords for the first time in Japanese history.) There is still armor from the samurai period left in the shed of my head family in Miwa.

Having been raised as the first daughter in a family with a long-established shop, it was normal to have live-in servants from even before I can remember. It was forbidden to ask for anything, since my family believed that “it is not how a daughter of a good family behaves.”

I practiced Japanese dancing, piano, flower arrangement, cooking, French embroidery, dress making, knitting, and horseback riding. On the bus on the way to my lessons, I started reading books to kill time. Without noticing, I was reading more and more science fiction and fantasy books. Later on, Professor Tatsuma gave me a stern lecture that books like those were “an escape from reality,” but I could not deny that I was feeling something alien inside of me.

I was an odd child in my family, reading science fiction and manga (comic books) and watching anime (animated cartoons). It is all right to read books, but science fiction and manga for boys, not for girls, my family said.I was an odd child no matter where I was. I finally found my own space by joining “fandom,” a science fiction group, during my teens.

Tanith Lee’s novel The Silver Metal Lover is special for me. The main character, Jane, obeyed her mother like a dress-up doll. But after meeting Silver, she got back her radical self. Now, married and living away from my family, I too, am getting back my radical self, little by little.


Copyright © 1994-2016 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.