鈴木涼子
SUZUKI Ryoko


写真に撮られるという事はとても暴力的な事であると、以前どこかで聞いた事がある。私自身美術家という仕事をしているにもかかわらず、実は写している表象に気を取られていて、写されている被写体の気持ちまでは考えもおよばなかった。

果たして今回、初めて自分が身ぐるみをはがされて被写体の立場になってしまった。

私が何を感じたか?は、何より私の表情から読み取っていただきたい。

視線の向こうにあるものをもし感じたとしたら、既にローリーさんの策に引っかかっているかもしれないのです。

私たちは、共犯者として「確信された暴力」を見つける事に成功したのである。


I heard that it is a very “violent” thing to have one’s photograph taken. When I myself am working as an artist, I can pay too much attention to the figure of the object that I am copying.

Sure enough, I was “robbed of all I have” and was “placed as an object.”

What did I feel? I would like you to read it from my expression.

If you feel something beyond the gaze, you might have already been caught by Laurie’s charming scheme.

Laurie and I, as accomplices, have succeeded in discovering “a violence that has been completed together.”


Copyright © 1994-2016 by Laurie Toby Edison. All rights reserved.